設 立 概 要
 琉球民謡音楽協会は平成14年5月19日に会員400名余を以て設立総会を開催し、会員相互の親睦を図り、琉球民謡の保存と人材育成・普及および研究を行い、琉球民謡の健勝発展に寄与する目的で設立しました。
 さらに協会行事・運営参加について、各会員に時間的、経済的に極力負担を掛けないように努め、協調性と透明性をもって、会員全員が信頼と和を構築することを決意しています。
 本協会では、理事や相談役を配して執行態勢の強化を図り、会長を中心に副会長を本島、宮古、八重山から各一名の三人を起用し、事務局長、以下執行部において活力ある運営を目指しています。
 
琉球民謡音楽協会マーク
  バチの三つ巴は執行部、理事役員、会員相互の連帯と和を表し、五つのウマは内に向かっては琉球民謡音楽協会の団結を、外に向かっては限りない発展を表すものである。
 
協 会 讃 歌
 琉球民謡音楽協会 協会讃歌  盛 え 栄 え (ムテエサカエ)  

                        作 詞  上江洲 由 孝
                        作 曲  普久原 恒 勇
 
協 会 史
 琉球民謡音楽協会 協 会 史  (平成14年5月19日 設立)